旧カミクズヒロイ

古い記事の保存用です。最新記事は https://pulpdust.org/ をご覧ください。

『アメリカなど 同性愛者団体の国連経済社会理事会への参加に反対票』

ゲイジャパンニュースに『 アメリカなど 同性愛者団体の国連経済社会理事会への参加に反対票』という記事が載っている。

アメリカ)同性愛者団体の国連経済社会理事会への参加をアメリカなどが拒否し、同性愛者団体や権利活動家らが反発している。同性愛者団体ナショナル・ゲイ・アンド・レズビアン・タスク・フォース(NGLTF)によると、アメリカは、イラン、ジンバブエ、中国、カメルーンなど“同性愛嫌悪の強い国”に並び、インターナショナル・レズビアン・アンド・ゲイ・アソシエーションとデンマーク同性愛者連合の2つの同性愛者団体の経済社会理事会(注1)への参加に反対票を投じ、同団体の申請は略式却下となった。

WBC へのキューバの参加は各方面からのつっこみで容認に転じる一方で、またアメリカの困ったちゃんがだだをこねている模様。

アメリカ、シンバブエ、イランなどと共に同性愛者団体の理事会参加に反対票を投じたのはエジプト。

アメリカとイランはずいぶん気が合うようだ。